新潟県内100か所 エノケン終活唄めぐり

11カ所目 2017.7.11 燕市小池公民館・三字お茶の間

縁竹縄 うたごえ喫茶 終活

燕市小池公民館へ「唄めぐり」の模様を「えんたけ新聞」12号に書きました。
結婚してお婿へ入ったお話は、高齢の方々はとても興味を持って聞いてくださいます。昔はよくあった話だし、それに、人前で堂々と「婿に入った」って言う姿が面白いのかもしれません。


12カ所目 2017.7.12見附市坂井町公会堂 ふれあいいきいきサロン

65歳以上の劇団

見附市坂井町公会堂にて、「エノケン終活唄めぐり」の12カ所目。35名の方々においで頂きました。
唄めぐりの参加者は延べ、330名程になります。
皆さん良い表情をされているのですが、個人情報の配慮からボカシを入れています。とても残念な気持ち。


13カ所目 2017.7.14長岡市老人憩いの家「夕映荘」

65歳以上の劇団

長岡市社会福祉協議会寺泊支所の「ひとり暮らし昼食招待会」へ唄めぐり。
タイトルの通り、足を運ばれた方々は全員ひとり暮らしとのこと。上は90代(とみられる)から60代まで、50名。おおいに歌い、笑っていただきました。


14カ所目 2017.7.19三条市若宮新田いきいきサロン

65歳以上の劇団

15カ所目 2017.8.19見附市田井町 高齢者総合福祉施設すずらんの園

縁竹縄 エノケン終活唄めぐり

小さな集落にある高齢者施設のお祭りでした。
近所の方々も足を多く、さながら集落の祭りのようでもありました。
人口減少した集落でも、働く場、コミュニティの場、としてこのような施設の重要な立ち位置があるのですね。


16カ所目 2017.8.22燕市吉田公民館「つばめ目耕塾」

縁竹縄 エノケン終活唄めぐり

8月22日「つばめ目耕塾」の模様。
参加者アンケートでは
「終活について専門的な塾をやってほしい」
「遺言の説明がありましたがも少し説明をお願いします」
「終活をもっと詳しく時間を使って欲しかった」
といった声も。
終活する本人だけでなく、そのご家族にも関心あるもの。
この辺、もっと掘り下げていきたい。


17カ所目 2017.8.22燕市民交流センター「夏の夜のボラカフェ」

縁竹縄 エノケン終活唄めぐり

8月22日に開催された「夏の夜のボラカフェ」の模様です。


18カ所目 2017.8.26 見附市下関町集落開発センター ふれあいいきいきサロン

縁竹縄 エノケン終活唄めぐり

見附市下関町「集落開発センター」で「唄めぐり」18カ所目です。
集会所は、集落の歴史がつまっていて、好きです。


19カ所目 2017.8.27 地域の茶の間 山潟

縁竹縄 エノケン終活唄めぐり

新潟市長潟「山潟会館」で開催している「地域の茶の間 山潟」で、唄めぐり。19カ所目です。
この日は、男と女の違いを目の当たりにしたのです。
女性は、お茶しながら話に花を咲かせたり、広く交流できる人が多いです。
男性は、人と交流するよりも、好きなひとつの事ばかりやっている人が多いです。
この日、「茶の間」の隣では、男性ばかり十数名が「囲碁将棋」を楽しんでおりました。
昼食は、男女一緒に食べるのですが、それ以外は交わらないのです。
実は、どの訪問先でも、同じなのです。
男性を輪の中に、いかにして入ってもらうか。課題だな〜


20カ所目 2017.9.5 ステージえんがわ

縁竹縄 エノケン終活唄めぐり

この日は、「終活のお話」をメインに行いました。

 

「介護も最期も自宅を希望するけど、現実問題として難しい。」
「終活のことを知る機会、相談できる人がいない。」
という声を聞きました。

 

介護・最期を自宅で迎えることは、住民・行政・医療・介護事業者が三位一体となったしくみづくりが欠かせない。
終活も、偏りのできるだけない情報をお伝えすることが必要と思う。


関連ページ

活動履歴1〜10カ所
元浅草芸人の縁竹縄(えんたけなわ)が行う、「エノケン終活唄めぐり」のサイト
活動履歴21〜30カ所
元浅草芸人の縁竹縄(えんたけなわ)が行う、「エノケン終活唄めぐり」のサイト
活動履歴31〜40カ所
元浅草芸人の縁竹縄(えんたけなわ)が行う、「エノケン終活唄めぐり」のサイト
活動履歴41〜50カ所
元浅草芸人の縁竹縄(えんたけなわ)が行う、「エノケン終活唄めぐり」のサイト